2020年1月18日土曜日

膳というもの

 膳というものがある。

 昔はテーブルやちゃぶ台ではなく、目の前に銘々の膳を置いてそこに飯碗、新香などで食事をした。


 正座の和室の生活から洋風の生活になり、今はほとんどの人がテーブルで食事をしている。

 正座して膳を前にして食事をすることはなくなった。


 だが、例えば、相撲を見ながら酌をしてもらっている時、ツマミを少しつまんで酒を呑んでいる時など、テーブル以外の部屋で食うときには意外と重宝する。




 これを使うと手が畳みから少し上に上がるので気持ちよく箸が動かせるからだ。


 今でも会席膳などでは出してくれる場合もある。


 座っている姿勢に対して少し窮屈になるのが下に置いた場合だ。

 畳をそば歩けばホコリが舞い上がる。

 食事には不都合だ。

 

 
 漆塗りにしてあり、それほどチカラがかかるものではないから軽い。収納しやすいよう大きさを変えてあるものもある。

 金箔が貼ってある豪華なもの、工夫があるものもある。

 朱色、黒に金、骨董系の店で探せば安くていいものが手に入る。


 旅館などとは違うのだからプラスチックのものでなく、骨董のホンモノを買って使うといい。


 ホンモノには本物らしい使い勝手というものがある。


 旅館などはそれを真似してそれっぽくするだけだからプラスチックになってしまう。


 男なら、ただ寛ぐにしても形を追求するべきだろう。


2020年1月14日火曜日

音を嫌う世界

 茶の世界は音にとても敏感だ。

 場を乱すことを嫌うところからきているのだろう。

 それは主人と客ということでもあるし、茶室と我々が作り出す空間ということでもある。



 玉砂利を鳴らさない。
 
 細かい所作にすら必ず音を意識する。

 衣擦れの音。

 湯を汲む音。
 
 茶をすする音。




 茶室は極めて注意深い世界だ。




 音は心を乱すことがある。

 それは不穏な空気であり、慮外者の乱入ということだ。

 サムライならばそのぐらいの警戒心は当然のこと。


 毎日が命を賭けて生きているのだ。



 そうして音を鎮め、心を鎮め、穏やかなところでそっと緊張の糸を張る。




 例えば、昔の時代劇などでは必ずといっていいぐらい斬り合いのシーンは強い風を吹かせていた。



 乱世。

 今もそうかも知れない。



 「常在戦場の心」 あり、ということ。




2020年1月11日土曜日

振袖の長さ

 華やかな茶席があちこちで立っている新年。

 まだ松の内だ。


 俺にはあまり関係がない。

 それこそ呼ばれるのも何かのご縁。 その付き合いをやめてしまったから。


 
 そんな昔、着物で女性が正式にして、振袖なんかで集まったところに行った。

 やはり正月はまだ松の内だった。

 大きなお茶会。


 
 若い女性は振袖の袖を長く伸ばす。

 それこそ地面につくぐらい長くてもいい。

 腕をだらんとしてしまうと地面についてしまうように作る。


 そうするとだらしのない姿勢はしない、そんな親心のようなものだったと思う。

 それでもヤンチャな娘はじっとしてられず、その袖をクルクルと巻いてしまい、叱られたりする。

 玉砂利を踏んで飛び跳ねている。

 

 そうして、いよいよ娘が結婚したとか、歳をとってトウが立ってきたらその袖を短く普通の長さに仕立て直す。

 昔はそういう袖を短くする式のようなものもあったろうか。

 初潮があったら赤飯を炊くようなことがあったろうか。

 ちょっと聞いたことがないが。



 ただ、結婚して嫁入り道具に仕立て直してもらうならいいが、婚期に遅れてしまい、それでももうそんな長い振袖は逆にみっともない、短くしろという場合もあったろう。

 そして本人はまだそんな歳ではないなどと抵抗する。


 いい加減にキャリアウーマンのようなことをしていないで結婚しろなどと親が迫る。

 まだ若いし未婚だなどと切りたがらない。

 ヘタをすれば芸者みたいになっちまうからか切れ、と。

 せめて歳をとったことは自覚しろ、だから袖は短く仕立て直せということになる。


 そんな光景はあったろう。



 現代はそんなことはすっかり忘れているから、親からのお下がり、人からの貰いものだったりして若い年頃なのに短い袖で平気にしている娘もいる。


 ただ、そんな娘はきっと恋に恵まれるのではないか、かけがえのない相手が見つかるのではないか。そんな気はしないでもない。


 最初から袖が短ければ、婚期を逃すことはない。


 器に合わせるというのも人間だ。